個人スポンサー大募集中!!

個人スポンサー

  • 特典1公式 WEB サイトへの名前掲載
  • 特典2アダルトハイライト映像への名前掲載
  • 特典3ジュニアハイライト映像への名前掲載
  • 特典4JFOオリジナルTシャツの贈呈

※別ウィンドウが開きます。

個人スポンサー特典

  • 特典1公式 WEB サイトへの名前掲載
  • 特典2アダルトハイライト映像への名前掲載
  • 特典3ジュニアハイライト映像への名前掲載
  • 特典4JFOオリジナルTシャツの贈呈

2月10日締め切りとなります。
¥15,000
※別ウィンドウが開きます。

日本、そして世界には無数の雪山と無限の斜面が存在します。
一瞬一瞬で表情を変える斜面達。
その一つ一つに出会い、自分らしいラインを刻むこと。
そんなフリーライドの魅力に取り憑かれたライダー達が立ち上げたのが、JAPAN FREERIDE OPEN(以下JFO)です。

これまで日本になかった“ 大会 ”というアプローチで、フリーライドの魅力を発信し、できるだけ沢山の滑り手と共有したいと考えています。

フリーライドとは、”フリー=自由に” “ライド=山を滑ること

本来、点数を争う“競技”とは相反すると僕達は考えます。

しかし、各地で自分のスタイルを磨いている滑り手達が、1つの斜面に集うのは大会ならでは。
そこには大きなパワーが生まれます。
行われるのは、お互いを滑りでPUSHし合う セッション
”競技”としての大会でなく、滑り手が本気で自分達を表現し ”セッション” する場所を提供するのが僕達の目指す形です。
やる気さえあれば、誰でもこの”セッション”にチャレンジできるのがこの大会です。

 

JFOでは大会の夜にオリジナル映像ジャッジイベントを行います。
上位選手のRUNをスクリーンで放映し、観客の投票でその日一番カッコ良い滑りをしたライダーを決定するイベントです。

観客を心の底からワクワクさせてくれた滑りには、ジャッジが決める1位と同じ価値があると考え、同額の賞金を設定しています。

その場にいる全員で大会を共有し、最高の滑りをした選手に賞賛を送る。
オーディエンスとしても大会に参加できる内容を目指しています。

今季よりJFOではジュニア部門にも力を入れていきます。パーク・レース・基礎などと同様に、フリーライドの世界でも、ジュニアが夢中になって自分を表現出来る場所を作りたいと考えています。

フリーライドの特徴は、1つの頂点や決められた形を目指す競技ではないところです。
個々が 最高に楽しい!! 最高にカッコ良い!!と思うライディングを追求して表現すること。

枠にとらわれない、心からワクワクできるスキー・スノーボードを次の世代に広めていきたいと思っています。
そしてここから世界に羽ばたく滑り手が育って行けば最高です。

 

日本でフリーライドの大会が行われ始めたのは去年のこと、歩みだしたばかりですがそれだけにこれからが楽しみな分野です。 そして、そこにはスキー・スノーボードの魅力が詰まっています。

まだまだ大会を運営することで精一杯ですが、これからジュニア部門をはじめ活動を広げていきたいと考えています。

もし、内容にご共感いただけましたら、パーソナルスポンサーへご参加いただければ嬉しいです。
JFOと一緒にワクワクしながら、フリーライドを盛り上げていきませんか!?

Organiser

Jundai Nakashio

中塩 順大 1970年生まれ 大阪市出身

28歳で本格的にスキーを始め、カナダに移住。

北米、北欧のテレマークスキーのビックマウンテンコンテストやフィルミングをメインに過ごし、

コンテストでは、ベスト10以内の成績をコンスタントに残す。2012Toughguy Production

Every little bit Cyunts」に出演

Shikaichi Ueki

植木 鹿一 1985年生まれ 千葉県出身

カナダ・ウィスラーをベースにビックマウンテンスキーの大会やバックカントリーでの撮影をメインに活動するフリーライドスキーヤー。日本では白馬を中心に滑っていた。2012年カナディアンオープン6/シックバード受賞。Heart Films Vol.6,7 The Doors他出演。

Riki Nakajima

中島 力 1981年生まれ 滋賀県出身

これまでに国内の数々のスキーフィルムに出演。

また、キャットスキーの立ち上げや、イベントでは企画運営やMCまで努める、フリースキー界のマルチプレイヤー。日本人で初めてCFSA資格(カナダFree Style Skiインストラクター資格)も取得している

Takuma Oike

大池 琢磨 1984年生まれ 北海道出身

父の影響で立つのと同時にスキーをはじめた大池は、中学生からモーグル競技をはじめた。2007年公認A級飯綱大会優勝などの成績を収めるが、大学の合宿で訪れた白馬で、そそり立つ山の壮大さに魅せらる。以後、白馬に住み付き、山岳フリースタイルスキーヤーとして活躍中。現在は主にMIGHTY JAMMINGのメンバーとして、白馬そして海外でもそのパフォーマンスを磨いている。

Hiyuma Kaga

加賀 飛雄馬 1990年生まれ 北海道出身

自分の滑りを磨くとともに、イベントの企画運営も手がける。 勤務していたウォータージャンプS-airでのイベントをはじめ、英語力を活かし、X-Gamesの取材やIF3Japanの開催にも寄与。 スポーツ医学を専攻し、ウォータージャンプの傷害調査を行うなど頭脳的な一面も。

Kazushige Fujita

藤田 一茂 1988年生まれ 京都府出身

スロープスタイルなどのコンペティターを経て、現在は活動の場をバックカントリーに移し映像撮影を軸に活動する。国内のみならずカナダやアラスカでのスノーモービルを使い撮影。また、ライディングセッションイベントやキッズの為のVINTEL SNOW CMAPも主宰。スノーボードで人々を笑顔にする為、日々板に乗り続けている。

The North Face
peak
db
k2skis2
k2snowboard2
poc
mhw
patagonia
arcteryx
marker
atomic
head
cortina2
otari2