FREE RIDE って?

私たちはFREE RIDEを、文字通り、”FREE-自由”に “RIDE-滑る “と定義します。
グルーミング / コブ斜面 / ツリーラン / パーク / バックカントリーetc…様々なフィールドがあり、それぞれの雪質は刻一刻と変化します。気持ちの良いライトパウダーの日もあれば、同じ斜面がクラスとして、手強い斜面と化す事もあります。

しかし、自然が与えてくれた全ての環境を、自由な発想で楽しんで滑ること、それがFREE RIDEだと私たちは考えます。

FREE RIDEの大会って?

与えられるのは、スタートとゴール地点のみ決められた大斜面。選手達は、そのエリア内のどこをどの様に滑っても、飛んでも良いのです。各選手、自分の個性を生かせるラインを選択して滑ります 。

それぞれの選手の滑りをジャッジが採点し、順位を決定する大会です。

北米/ヨーロッパでは、シーズン毎週末どこかで大会が行われている程、メジャーな大会です。日本でも昨シーズン、国際大会が行われるなど盛り上がりを見せています。
またJFOでは今季よりジュニア部門を開催します。
こちらも世界では多の大会が行われてており、参加選手が100名をこえる事もざらにある程人気があります。

どんな採点方法なの?

各選手の滑りを3名のジャッジが以下の項目で採点し、順位を決定します。

  • ライン=選んだラインの難易度、他の選手とかぶらないクリエイティブなライン取りで滑ったか。
  • スムーズさ=一本のラインをどれだけ速いスピードで、止まらずに滑ったか。
  • コントロール=コントロールして滑っていたか
  • テクニック=奇麗なターンと滑走技術でRUNをまとめたか
  • エア&スタイル =ジャャンプの数と大きさ、技の難易度とスタイル、及びランディングのスムーズさ

またJFOオリジナルルールとして、観客の皆様の投票でその日一番カッコ良い滑りをしたライダー “THE BEST OF FREERIDERS” を決定します!

写真の斜面、貴方ならどこをどのように滑りますか??想像してみてください。

見どころは?

大会とはいえ、決められているのはスタート地点とゴール地点のみ….
それだけに、各選手の個性が全面に出るのがこの大会の大きな魅力。同じ斜面でも、全く違うライン取りと滑りを各選手が見せてくれることでしょう。

大会終了後『俺はあいつの滑りが好きだったな~』、『いや、あいつのジャンプの方が凄かった!!etc… 盛上がって頂けば最高です。

The North Face
peak
db
k2skis2
k2snowboard2
poc
mhw
patagonia
arcteryx
marker
atomic
head
cortina2
otari2